美容医療でのシミ治療法

TOP > 美容医療でのシミ治療法

美容医療でのシミ治療法

シミには、肝斑、そばかす、老人性色素斑などの種類があり、種類に応じて治療法は異なります。肝斑は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こると考えられています。
自宅でのケアは美白化粧品が効果的です。


老人性色素斑と重なるようにできる場合もあるため、慎重に治療を行う必要があります。

一般的にはレーザーは使えませんが、最近はレーザートーニングと呼ばれる弱い照射パワーを持つレーザーが登場し、肝斑治療にも使われています。


穏やかに作用するので、即効性はありません。

それと同時に、トラネキサム酸という内服薬やハイドロキノンなどの美白成分が入った外用薬を使うことで、さらに効果があらわれやすくなります。

そばかすは、遺伝性のシミで、色白の人に多く見られます。

自宅でのケアでは改善しづらいため、美容医療での治療がおすすめです。

フォトフェイシャルと呼ばれる光療法は、そばかすに効果があるだけではなく、コラーゲン生成を促すので、肌の質が向上するメリットがあります。

銀座のシミの情報を公開しています。

多くの場合、1回で効果はあらわれにくいので、複数回受ける必要があります。

老人性色素斑は、一番多いタイプのシミで、主な原因は紫外線による肌ダメージです。



薄いシミは、美白化粧品が有効ですが、濃くなっているものは、レーザー治療が効果的です。

メラニン色素にだけ反応するレーザーをあてることで、その部分のターンオーバーが促され、かさぶたが剥がれると同時に、シミのない肌があらわれます。



ほとんどの場合、1度で効果があらわれますが、施術後はハイドロキノン配合のクリームを塗ったり、紫外線対策をするなどのケアが必要です。